Orthotics 矯正器具について

Orthotics 矯正器具について

矯正治療の方法についてメリットやデメリット、予想される治療期間、治療費などは事前に患者さんがご納得できるよう十分に説明いたします。
治療に使う器具については、不正咬合の状態や、見た目が気になるかたなど、一人ひとりに合わせて、最適な矯正器具をご提案します。

マウスピース(インビザライン)

通常の矯正装置(ブラケット)やワイヤーを使用しない矯正治療です。

裏からの矯正

通常の矯正装置(ブラケット)を裏側に着けて矯正を行います。
他人からは矯正している事が分かりにくく、見た目が気になる方へご提案しています。

  • 歯が見えて笑っても装置が見えません。

  • 装置を付けた口の中。上の歯。

  • 装置を付けた口の中。下の歯。

マウスガード(マウスピース)

『マウスガードとは、口腔内に装着する弾性を有した装置であり、口腔での外傷を減少させ歯とその周囲組織を外傷から保護するもの』と定義されております。
ボクシング等ではマウスピースともいわれています。

  • 極真会館公式マウスガード

マウスガードは、空手、ボクシング、アメリカンフットボール、ラグビーなど怪我をするおそれが多いスポーツで使用することにより、怪我を軽減したり予防することができます。最近では、装着が義務化している競技も増えています。
口腔周囲の怪我では、歯牙の破折・脱臼、軟組織(舌、口唇)の裂傷、顎骨の骨折、脳しんとうが多く見られます。

マウスガードの効果

  • 外傷の予防、軽減
  • 脳しんとうの予防
  • 運動能力の向上

マウスガードがしっかりフィットしたものでないと以下のようなことがあります。

  • 外れやすい
  • 予防効果が不十分
  • 異物感が大きい
  • しゃべりにくい
  • 呼吸しにくい

適切なマウスガードが必要です。
上記のようなことがある場合、お気軽にご相談下さい。